研究例会予定通り実施

このたびの新型コロナウィルスの対応につきまして検討し、
「報告者の意向等も考慮した結果、
3月7日15時30分〜の研究例会は予定通り開催することにしました。

政府の注意喚起、要請に従って、通常の研究例会より人数を縮小し、
時間を短縮し(懇親会はなし)、
また会場の換気に気をつける等対策を行います。

研究例会は会員の自由参加ですので、各自の判断で参加を決定して頂けるようお願いします。

 代表幹事:中囿桐代

以下、開催要項です。
**************************************
開催日時:2020年3月7日(土)午後3時半~ 
場所:専修大学神田キャンパス神田7号館8階783教室
https://www.senshu-u.ac.jp/about/campus/
*研究例会は90分程度を予定しています

報告者:松永伸太朗(長野大学)/永田大輔(明星大学他)
「労働社会学の「調査」「理論」「方法」:河西宏祐のテキストを手がか
りにして」

【報告要旨】
 本報告では、労働社会学者・河西宏祐の業績を振り返り、その業績を軸として労働社会
学が蓄積してきた理論的視点の整理と、さらなる発展の可能性を議論する。
 河西が少数派労働組合研究をライフワークとして推進していたことは知られているが、
その調査で得られた知見については、少数派労働組合という対象に限られない広い理論的
・方法論的射程を有している。とくに重要なのが、労働社会学は労働者自身が職場におい
て作り上げている「労働者文化」を記述するべきとする視点である。本報告では、この「
労働者文化」という枠組みが、近年研究が蓄積されつつある未組織労働者やフリーランサ
ーの労働問題やそこで課題となっている連帯の問題を考察するうえでも重要な理論的示唆
を有することを指摘する。さらに、「労働者文化」という視点を設定することで労働社会
学と断絶していた一般の社会学における職業研究の蓄積とも理論的・方法論的な連続性を
見出すことができ、議論を接続させていくことで労働社会学研究の射程をより広めていく
可能性を示す。
**************************************

研究例会報告再募集

研究活動委員会では自由な研究交流と議論の場として毎年3月、7月に研究例会を開催しています。

現在、研究活動委員会では下記の要領で、2020年第一回研究例会(3月)の報告者を募集しています。
開催日時:2020年3月7日(土)午後3時半~ 
場所:専修大学神田キャンパス神田7号館8階783教室

報告者:2名程度

 研究例会は概ね2時間から2時間半を予定しております。

報告時間との兼ね合いで、定員を超える数のお申し込みをいただいた場合には、先着順とさせていただきますので、あらかじめご承知おきください。

交通費:報告者が100キロ以上遠方よりの参加で、非常勤または院生の場合は、2万円を上限に交通費が支給されます。

必要事項を明記の上、2月16日までにお申し込みください。

次回は7月4日、専修大学(神田キャンパス)での開催です。

こちらのご応募もあわせてご検討ください。  

東京オリンピックの開催で宿泊等の確保はお早めに。

【必要事項】
氏名
所属
報告タイトル(仮題でも可)
報告要旨(400字程度)
申し込み先  3月研究例会担当 柴田徹平会員  s_teppei@iwate-pu.ac.jp 

      7月研究例会担当 中根多惠会員 tae_nakane@mail.aichi-fam-u.ac.jp

研究例会報告者募集

研究活動委員会では自由な研究交流と議論の場として

毎年3月、7月に研究例会を開催しています。

現在、研究活動委員会では下記の要領で、

2020年第一回研究例会(3月)の報告者を募集しています。

開催日時:2020年3月7日(土)午後3時半~ 
場所:専修大学神田キャンパス(詳しい開催場所等は追ってのご連絡となります)
報告者:2名程度

研究例会は概ね2時間から2時間半を予定しております。

報告時間との兼ね合いで、定員を超える数のお申し込みをいただいた場合には、

先着順とさせていただきますので、あらかじめご承知おきください。

交通費:報告者が100キロ以上遠方よりの参加で、非常勤または院生の場合は、

    2万円を上限に交通費が支給されます。

必要事項を明記の上、2月10日までにお申し込みください。

【必要事項】
氏名
所属
報告タイトル(仮題でも可)
報告要旨(400字程度)
申し込み先  3月研究例会担当 柴田徹平会員  s_teppei@iwate-pu.ac.jp

研究例会報告者募集

研究活動委員会では自由な研究交流と議論の場として毎年3月、7月に研究例会を開催しています。

現在、研究活動委員会では下記の要領で、2020年第一回研究例会(3月)の報告者を募集しています。
開催日時:2020年3月7日(土)午後3時半~ 
場所:専修大学神田キャンパス(詳しい開催場所等は追ってのご連絡となります)
報告者:2名程度
 研究例会は概ね2時間から2時間半を予定しております。

報告時間との兼ね合いで、定員を超える数のお申し込みをいただいた場合には、先着順とさせていただきますので、あらかじめご承知おきください。

交通費:報告者が100キロ以上遠方よりの参加で、非常勤または院生の場合は、2万円を上限に交通費が支給されます。

必要事項を明記の上、2月10日までにお申し込みください。

【必要事項】
氏名
所属
報告タイトル(仮題でも可)
報告要旨(400字程度)
申し込み先  3月研究例会担当 柴田徹平会員  s_teppei@iwate-pu.ac.jp

プレシンポジウム開催のお知らせ

2019年度大会シンポジウム「移住労働者と労働世界の構造変化」に向けて、
97日(土)、プレシンポジウムを開催します。
シンポジウムに向けて各登壇者が報告内容のアイデアを披露し、
本大会に向けて意見交換する気軽な場です。会員の皆様のご参加をお待ちします。

日時:2019年9月7日(土)午後330分~(2時間程度を予定)

場所:専修大学 神田校舎 1号館4階 ゼミ43教室
https://www.senshu-u.ac.jp/about/campus/

*事前申し込み不要

*プレシンポ後は懇親会もあります。

テーマ「移住労働者と労働世界の構造変化」

 外国人労働者受入れ拡大を目的とする改正入管法(出入国管理および難民認定法)に基づき、20194月から就労を目的とする新たな在留資格「特定技能」が始動した。建設・農業、介護など「人手不足が深刻」とされる14分野で、一定の技能等を備え、政府がいうところの「即戦力」となる外国人労働者がその対象となる。今後5年間で約34万人を上限に「特定技能」での外国人労働者の受け入れが進む。改正入管法は単純労働者は受け入れないとした「90年体制」からの転換となるのか。それとも経済的社会的要請をなし崩し的に受け止めてきた矛盾の増幅となるのか。制度・産業構造・再生産体制・運動などの諸側面から、移住・定住労働者と日本社会の現段階を以下の報告者とともに考えたい。 

・報告者(敬称略)

惠羅さとみ (成蹊大学) 建設業

高畑幸 (静岡県立大学) 介護・移住女性

宮入隆 (北海学園大学) 農業 

*都合により欠席のため報告要旨を紹介

坂本啓太(全統一労働組合書記次長) 現場報告

日本労働社会学会31回大会 (於早稲田大学所沢キャンパス)自由論題報告の追加募集

日本労働社会学会31回大会 (於早稲田大学所沢キャンパス)自由論題報告を追加募集いたします。

 

自由論題報告募集を7月31日に締め切りましたが、7件の申し込みとやや少なめであったことから追加募集いたします。以下の日程にて追加募集いたしますので奮ってご応募下さい。

 

8月20日(火曜) 自由論題報告エントリー締め切り

①氏名、②ふりがな、③所属、④住所、⑤TEL、⑥メールアドレス、⑦報告タイトル、⑧内容の簡単な紹介(100字程度、セッション分けの参考にします)、⑨プレゼン機器の使用の有無を、担当委員である李旼珍(立教大学)までお送りください。メールアドレスは、leemj@rikkyo.ac.jp です。

 

8月31日(土) 要旨の提出締め切り

報告タイトル、氏名、所属、要旨(文章、適宜小見出しを付けてください)を、ワードファイルA4の1頁(ポイントは標準の10.5、余白も標準の上35ミリ/左右下30 ミリを原則)にまとめ、上記のメールアドレスまでお送り下さい。行間などは、多少調整していただいても結構です。

 

なお第31 回大会日程は以下の予定です。

11月1日(金)工場見学

11月2日(土)自由論題報告

11月3日(日)シンポジウム