第17回日本労働社会学会奨励賞候補作品の推薦募集

日本労働社会学会 会員各位

平素より本会活動にご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。

さて、第17回日本労働社会学会奨励賞の選考にあたり、候補作品の募集についてご連

絡いたします。

第17回日本労働社会学会奨励賞候補作品推薦のお願い(著書の部)

 研究活動委員会 委員長 萩原久美子

第17回日本労働社会学会奨励賞候補作品の推薦をお願いいたします。

日本労働社会学会奨励賞は「会員の将来性のある優れた研究を表彰し、さらなる研究

発展を支援するため」に設けられ、2004年より実施されているものです。

*自薦、他薦は問いません。

*現在、規定改正の検討過程のため、論文の部については本年度の募集はありません。

来年度、2019年度の推薦対象論文も含め、募集・審査をいたします。

今回の[推薦対象]となる作品は、つぎのとおりです。

  1. 2019年4月1日から2019年12月31日までに発表された著書。

2. 著者が選考年度において修士号取得後16年未満であること。原則として本学会に2年以上

継続して在籍している者。

[推薦方法] 電子メールにて推薦していただきます。

メール件名に「2020年度奨励賞候補作品推薦」とし、推薦者氏名・所属を明記の上、

推薦作品ごとに

1. 著者名/著書名//出版社名/発行年月

2. 推薦理由(600字程度)

を列記してください。

[締切り] 締切り  7月3日(金)

[送り先] 研究活動委員・大野の下記アドレスにご送付ください。

tkohno“at”@ss.ritsumei.ac.jp(”at”を@に変換してください。)

(担当:幹事/研究活動委員 大野威)

大野威(おおの・たけし)

立命館大学産業社会学部

ジャーナル第22号原稿募集

日本労働社会学会(労働社会学研究編集委員会)では、
『労働社会学研究』(通称、ジャーナル)第22号への投稿を募集しています。

刊行までのスケジュールは、以下の通りです。
 ・投稿希望書提出締切 2020年 6月14日(当日受信有効)
 ・原稿提出締切 2020年 7月28日(当日受信有効)
 ・発行予定(J-Stage掲載) 2020年 4月

 投稿を希望する方は、以下の文章をご覧ください。

 ・『労働社会学研究』第22号の原稿募集について 
———————————
 ・「投稿規定」 http://www.jals.jp/journal/journal-rule.pdf
 ・「二重投稿に関するチェックリスト」 
http://www.jals.jp/journal/checklist2.pdf
 ・「確認事項」 http://www.jals.jp/journal/journal-kakunin.pdf

 既刊号の目次は、学会ホームページ( http://www.jals.jp/journal/index.html
)でご覧になれます。

 また、第15号以降は、
 J-Stage( https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjals/list/-char/ja )で
 全文がご覧になれます。

日本労働社会学会 『労働社会学研究』編集委員会( 井草 剛 E-MAIL:
gigusa@g.matsuyama-u.ac.jp )