総会決議:政府による日本学術会議新会員任命拒否に関する抗議文

注目

日本労働社会学会は2020年10月11日開催の総会において以下の抗議文を議決しました。

日本労働社会学会は政府による日本学術会議会員候補の任命拒否に抗議します

 2020年10月1日、菅義偉内閣総理大臣は、日本学術会議の新会員任命にあたって、同会議が推薦した会員候補105人のうち6人の任命を拒否しました。これは日本学術会議法第7条に違反し、適切な行政手続を著しく逸脱する暴挙です。日本学術会議は内閣総理大臣の私的な諮問機関ではありません。それゆえ内閣総理大臣の恣意によって会員を選別することは許されるものではなく、法に定められた適正な手続に則って行われなければなりません。

また、学者・研究者集団の自律的な選考結果を尊重する会員選任の手続は、民主主義国家にとって普遍的な原理である学術研究の自由と自主性を保障することを目的として設定されたものです。したがって、時の政府・与党の恣意に基づくこのような運用がなされることは、集団的・共同的営為としての学術研究が政治権力の意向に左右されてはならないということを意味する「学問の自由」を根幹から揺るがすものです。

 日本労働社会学会は、会員の総意として、日本学術会議法および日本国憲法に違反する今次の措置をただちに撤回し、日本学術会議から推薦されたにもかかわらず会員への任命を拒否された6名の研究者を、直ちに会員に任命することを求めます。

2020年10月11日
日本労働社会学会

PDFバージョン

2021年度第2回研究会のご案内

来る7月3日(土)、研究例会・関西部会を開催いたします。
ご報告いただくのは、松永伸太朗さん・永田大輔さん、および、鈴木力さんです。
オンライン開催のため、事前にお申込みの先生方にのみ、参加方法をお送りいたします。

少しでも参加の可能性のある先生方は、事前にお申込みをお済ませ下さいますよう、
お願い申し上げます。
【7月2日(金)正午申込み締切】
皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

▼事前申込み制▼ Formsより
――――
日時:2021年7月3日(土) 15時30分~18時00分(予定)
場所:Web会議システムZoom
お申込み:以下のURLにアクセスのうえFormsよりお申し込みください。
https://forms.gle/mCvjrU2wG8g4qi6T8
※【7月2日(金)正午まで】にお申込みください。
※お申込み者に当日のZoom情報をお送りいたします。

◆第1報告
報告者: 松永伸太朗氏(長野大学)/永田大輔氏(明星大学等)
報告タイトル: 地方における同業者ネットワークと「境界のないキャリア」:小規模別荘関連業を事例に
要旨: 添付のPDFファイルをご覧ください

◆第2報告
報告者: 鈴木力氏(徳山大学)
報告タイトル: 本州四国連絡橋争議における雇用保障の獲得要因と全港湾の役割
要旨: 添付のPDFファイルをご覧ください
――――
【Zoom接続テスト】
Zoom社の用意する接続確認をご利用ください。
以下URにクリックすると、ご都合のいい時間帯に接続を確認できます。
https://zoom.us/test
*スマートホンからのご接続の場合は予めアプリのダウンロードが必要となります。

事前にアプリをダウンロードインストールされる場合は、
https://zoom.us/download
からアクセスして無料アプリをダウンロード後インストールしてください。
――――
問合せ先:jals.research.activities”at”gmail.com(跡部) (“at”を@に変換してください)
――――

日本労働社会学会第33回大会 自由論題報告募集

日本労働社会学会 会員各位

日本労働社会学会第33回大会は、大阪経済大学をオンライン開催校として2021年10月23日(土)~24日(日)の日程で開催いたします。

<開催日程>
10月23日(土)自由論題報告
10月24日(日)シンポジウム

<自由論題報告の募集>
大会1日目に行う自由論題報告を募集いたします。
以下の日程にて募集いたしますので奮ってご応募下さい。
なお会費が未納の場合、報告できないのでお気を付けください。

●7月31日(土) 自由論題報告エントリー締め切り  
下記項目を明記の上、研究活動委員 清水友理子(浜松学院大学)までお送りください。
①氏名、②ふりがな、③所属、④住所、⑤TEL、⑥メールアドレス、
⑦報告タイトル、⑧内容の簡単な紹介(100字程度、セッション分けの参考にします)、
⑨Zoomによる配信環境が確保されていることの確認
応募先:研究活動委員 清水友理子(浜松学院大学)
メールアドレス: shimizu”at”hamagaku.ac.jp (“at”を@に変換すること)
*エントリーは、受付確認メールの送付をもって完了します。送信後、2日以上(土日をはさむ場合は土日を除く)経ても受付確認メールが届かない場合は上記あてにご連絡ください。

●8月31日(火)要旨の提出締め切り
報告タイトル、氏名、所属、要旨(文章、適宜小見出しを付けてください)を、
ワードファイルA4の1頁(ポイントは標準の10.5、余白も標準の上35ミリ/左右下30 ミリを原則)にまとめ、
上記のメールアドレス(shimizu”at”hamagaku.ac.jp)までお送り下さい。
行間などは、多少調整していただいても結構です。

第33回大会はオンライン開催となることから、自由論題報告にあたっては、以下の点につき、ご留意のほどお願いを申し上げます。

① 日本労働社会学会第33回大会開催当日での報告をもって、本学会での報告実績として認定いたします。
② 当日の報告が確実に行われるよう、各自Zoomによる配信環境の確保をお願いします。
③ 当日の報告が確実に行われるよう、9月末を目処に、Zoomによる配信環境の確認を行います。日程等の詳細は別途、オンライン開催校あるいは幹事会よりご報告者に連絡いたします。

【リマインド】『労働社会学研究(ジャーナル)』第22号投稿希望書提出締切について

************************

『労働社会学研究(ジャーナル)』第22号の投稿希望書(エントリー)の締切は、5月25日(火)となっています。以下、募集の詳細について再度ご連絡致します。

************************************

日本労働社会学会(『労働社会学研究』編集委員会)では、『労働社会学研究』(通称:ジャーナル)第22号への原稿を募集しています。

(1)募集するのは、実態調査に基づく論文・研究ノート(原稿分量は 16,000~32,000 字)です。※本号より字数が変更となります

(2)投稿希望書の提出および原稿の執筆・提出にあたっては、以下の各文書を熟読のうえ、ご応募ください。

(3)刊行までのスケジュール

  • 投稿希望書提出締切    2021年5月25日(火)(当日受信有効)
  • 原稿提出締切       2021年6月25日(金)(当日受信有効)
  • 発行予定(J-STAGE掲載) 2022年2月下旬(予定)刊行スケジュールは下記の通りです。

(4)投稿を希望される方は、まず、投稿希望書を提出してください。以下の1)~7)の内容をメール本文に記載し、5月 25 日(火)までに、『労働社会学研究』編集委員長・ 高島(htakashima”at”nayoro.ac.jp:”at”を@に置き変えてください)宛にお送りください。 

  • 1) 氏名
  • 2) 連絡先(郵便番号、住所、電話番号、E-mail アドレス)
  • 3) 所属機関・職名(※大学院生の場合、修士課程・博士課程の別、学年など)
  • 4) 論文・研究ノートの別 
  • 5) 論文の題目
  • 6) 論文の概略
  • 7) その他、編集委員会への質問等があれば、お書きください。  

日本労働社会学会 『労働社会学研究』編集委員長 高島 裕美

会員の新著(2021年4月判明分)

会員の新著を紹介します。

I. 会員の新著

  • 今井順『雇用関係と社会的不平等-産業的シティズンシップ形成・展開としての構造変動』(有斐閣、5400円+税)
  • 中囿桐代『シングルマザーの貧困はなぜ解消されないのか 「働いても貧困」の現実と支援の課題』(勁草書房、4000円+税)

会員の方の新著の情報を募集しています。事務局もしくはWeb担当幹事までご連絡ください。

『労働社会学研究』(通称:ジャーナル)第22号 原稿募集

日本労働社会学会(『労働社会学研究』編集委員会)では、『労働社会学研究』(通称:ジャーナル)第22号への投稿を募集しています。

刊行までのスケジュールは、以下のとおりです。

・投稿希望書提出締切    2021年5月25日(火)(当日受信有効)
・原稿提出締切       2021年6月25日(金)(当日受信有効)
・発行予定(J-STAGE掲載) 2022年2月下旬(予定)

投稿を希望する方は、以下の各文書を熟読のうえ、ふるってご応募ください。

(1)『労働社会学研究』第22号の原稿募集についてはこちら
(2)『労働社会学研究(ジャーナル)』投稿規定
   ※字数制限と図表基準について一部改定しております
    (2021年3月幹事会決定)。こちらを十分にご確認ください。
(3)二重投稿に関するチェックリストはこちら
(4)確認事項についてはこちら

 なお、既刊号(第14号以前)については、『労働社会学研究』ページからご覧いただくことができます。第15号以降は、J-STEGEで全文をご覧いただくことができます。

日本労働社会学会 『労働社会学研究』編集委員会
(高島 裕美 E-MAIL:htakashima”at”nayoro.ac.jp “at”を@に変換してください)

会員の新著(2021年3月判明分)

会員の新著を紹介します。

I. 会員の新著

  • 松尾孝一『ホワイトカラー労働組合主義の日英比較 ー 公共部門を中心に』(御茶の水書房、7800円+税)
  • 小川慎一『日本的経営としての小集団活動』(学文社、4000円+税)
  • 木下武男『労働組合とは何か』(岩波書店、900円+税)
  • 松村淳『建築家として生きる ー 職業としての建築家の社会学』(晃洋書房、2700円+税  
  • 横田伸子・脇田滋・和田肇編『「働き方改革」の達成と限界』(関西学院大学出版会、2400円+税)
  • 櫻井純理編『どうする日本の労働政策』(ミネルヴァ書房、3000円+税)
  • 法政大学大原社会問題研究所/鈴木玲編『労働者と公害・環境問題』(法政大学出版会、3,800円+税)

II. 会員が執筆者として参画している新刊本

  • 石井まこと会員、鈴木玲会員
    富田義典・花田昌宣、チッソ労働史研究会編著『水俣に生きた労働者——チッソと新日窒労組の59年』(明石書店、2021年)

会員の方の新著の情報を募集しています。事務局もしくはWeb担当幹事までご連絡ください。