社会政策関連学会協議会主催 シンポジウム「市民生活と社会政策研究―日本学術会議、学会の役割を考えるー」

本学会も加盟している社会政策関連学会協議会主催で、学術会議問題に関連したシンポジウムが開催されることになりました。関心のある方のご参加をお待ちしています。

 記

社会政策関連学会協議会主催 シンポジウム「市民生活と社会政策研究―日本学術会議、学会の役割を考えるー」
◯日時:2020年11月22日15:00〜17:00

◯場所:オンライン(Zoom)開催

◯開催趣旨 会員の任命拒否をめぐって日本学術会議が注目を浴びています。社会政策関連学会協議会は、社会政策に関わる学会の協議の場として2008年に発足しました。協議会メンバーである日本学術会議会員・連携会員の提案で、日本学術会議に「包摂的社会政策に関する多角的検討分科会」が設置され、2009年と2014年に社会政策のあり方いついて提言をしています。これらは政府の政策への提言であると同時に、学術研究の方向性を指し示したものです。  今後、いかにして学術研究を一層発展させ、研究成果をいかに社会に還元させていくべきか、その際、日本学術会議や学会、研究者はどのような役割を果たすべきか。これらのことについてシンポジストと共に議論していきたいと思います。

◯シンポジウムの内容
開催の挨拶    菅沼 隆 氏(当協議会 代表)
1.学術会議の役割とこれまでの活動  大沢 真理 氏(学術会議 元会員、連携会員)
2.当協議会、参加学会のこれまでの取り組み 遠藤 公嗣 氏(当協議会設立準備委員会 元委員)
3.日本学術会議 包摂的社会政策分科会の提言について  武川 正吾 氏(包摂的社会政策分科会 元委員長)
4.日本学術会議任命拒否問題の問題点  竹信 三恵子 氏(女性労働問題研究会 代表)
司会:金井 郁 氏(当協議会委員)

◯申込方法:11月21日12時までに以下のフォームより申し込みください。 後日、ZoomのURLをお送りします。
https://forms.gle/9cvEhpSudXfQnDfU8

◯問い合わせ先(担当:木下) socialpolicycouncilmanager”at”gmail.com(”at”を@に変更してください)

「日本学術会議第25期推薦会員任命拒否に関する人文・社会科学系学協会共同声明」

日本労働社会学会幹事会は「日本学術会議第25期推薦会員任命拒否に関する人文・社会科学系学協会共同声明」(2020年11月6日)に対して賛同学協会として名を連ねることを決めました。賛同した声明文の内容は下記の通りです。

日本学術会議第25期推薦会員任命拒否に関する人文・社会科学系学協会共同声明

私たち人文・社会科学分野の 104 学協会(内、4 学会連合を含む)および 115 の賛同学協会(内、1 学会 連合を含む)は、日本学術会議が発出した 2020(令和 2)年 10 月 2 日付「第 25 期新規会員任命に関する要望書」に賛同し、下記の 2 点が速やかに実現されることを強く求めます。
1. 日本学術会議が推薦した会員候補者が任命されない理由を説明すること。
2. 日本学術会議が推薦した会員候補者のうち、任命されていない方を任命すること。

第33期第1回幹事会開催通知

日本労働社会学会

第32期幹事、第33期幹事各位

お世話になっております、日本労働社会学会事務局です。
引継ぎとなる新旧合同幹事会を下記日時で開催致します。
お忙しい中恐縮ですが、ご参集のほどを宜しくお願い申し上げます。

日時:2020年12月5日(土)14:00〜
場所:専修大学神田キャンパス10号館5階10052教室
(10号館は靖国通りに面した高い建物です)

今回は対面を原則とし、オンラインでも接続するハイブリッド型での開催と致します。対面で実施する教室は十分な広さを確保し、感染対策をしっかりとして開催したいと考えております。対面での参加が難しい場合はぜひオンラインでの参加をご検討ください。

オンラインについての案内は別途させていただきます。

神田キャンパス アクセス方法 アクセスマップ